昨今のこの世界情勢を鑑みて、各会社でも在宅勤務が奨励されている中、時間が空いたことによる副業などが注目されてきていますね。ただ副業とは言っても、今まで本業一本で頑張ってきた方々にとって、いきなり新しいことを始めるのは少々ハードルが高く感じられるかもしれません。

ですが、実際には選ぶ仕事によってはそこまで気負いする必要はありません。今回は初心者でも始められる副業職のおすすめとして、ウェブライターをお勧めします。どんな仕事なのか、どんなふうに仕事をするのか、どれくらいの収入になるのか。そういったことの参考になればと考えています。

ウェブライターとは?

ウェブライターの仕事とは

ウェブライターとは、その名のとおりライターとして文章を作成する仕事です。その提出先がウェブ関連と考えていただければわかりやすいかと思います。クライアントから受注した記事を執筆し、触接クライアントに提出することで報酬を得ますので、出版社や新聞社といったようなところへの出品ではなく、個人ブロガーあてなどが主な出品先になります。

そのため、執筆する内容はそれぞれのクライアントが運営しているブログやホームページの方向性に応じた内容が要求されます。中には高報酬の代わりに少し専門知識が必要になったり、地域性に特化した内容であることがありますので、レベルの高い依頼は初心者にとってはハードルが高く感じられるかもしれません。

ですが、心配することはありません。常にたくさんの仕事が募集されていますので、最初は報酬が低くてもまずは執筆するということに対しての慣れを見につけて、そこから調べることにも慣れていき、専門性の高い記事の執筆をすればよいのです。

ウェブライターの仕事の得方

主にはランサーズやクラウドワークスといったよぅなクラウドソーシングサイトに掲載されている仕事を受注するのがメインの取り組み方です。最初はタスク形式といって、クライアントと直接契約するのではなく、単発で商品を納品して、納得いただければ報酬が支払われるという形式で仕事を完了させていきます。

もしクライアントがその仕事内容に納得してくださるようであれば、個人的な専用契約を結んでもらえることもあります。そうなればタスク形式よりもさらに高単価で仕事を受注できるようになります。

報酬は?

初心者レベルであれば一文字短歌0.1円からが相場でしょう。ですが、慣れてくることで高単価設定をされるウェブライターであれば一文字1~3円で取引されるようになったりもします。